many weeks away

ミュージックレビュー

WHITNEY/BRUNO PERNADAS/SHARON VAN ETTEN/TEDESCHI TRUCKS BAND/WINGS

WHITNEY『FOREVER TURNED AROUND』2019年 シカゴのフォークロックバンドWHITNEYの新曲はこの夏一番のオススメ。 今月末にニューアルバムがリリースされるようで楽しみ。 Whitney - Valleys (My Love) (Official Video) BRUNO PERNADAS『those who throw obje…

舞台『BACKBEAT』

1994年公開のイギリス映画を原作として日本人キャストで舞台化された『BACKBEAT』を観てきた。 ビートルズはデビュー前5人で活動していた時期があり、ジョン、ポール、ジョージにドラムはリンゴではなくピート・ベスト、ベースはスチュアート・サトクリフ(…

CORINNE BAILEY RAE / TOM MISCH

CORINNE BAILEY RAEは2017年の来日が6年ぶりでなかなか観れないアーティストなのかと思いきや、そこから3年連続来日していて嬉しい誤算である。 今年の会場は昨年と同じビルボードライブ大阪だったがドラムが入ってのバンドセットで一昨年に近い雰囲気。メ…

ペギーリプトンと「ガールイズマイン」

PEGGY LIPTONといえばQUINCY JONESの元妻、女優RASHIDA JONESの母、そして何といっても『ツインピークス』に出演した演技が印象に残っているが生涯に1枚だけ素晴らしいソロアルバムを残している。 PEGGY LIPTON『Peggy Lipton』1968年 PEGGYがモデル、女優…

令和元年 初回は、

FITNESS FOREVER「VEDERTI DISTANTE」 FITNESS FOREVER『COSMOS』2013年 イタリアのバンド。リーダーのCALOS VALDRRAMAのフェイバリットはROGER NICHOLS、BRIAN WILSON、ピチカートファイブ、コーネリアス、だそうな。 FITNESS FOREVER - Vederti Distante […

LAURA NYRO 『ANGEL IN THE DARK』

そのアーティストにとってラストアルバムとは結果的に最後になってしまった場合とアーティスト本人が[最後になるかもしれない]と思って制作した場合とでは違ってくると思う。 『ANGEL IN THE DARK』はLAURA NYROのラストアルバムである。 LAURA NYRO『ANGE…

SALAMI ROSE JOE LOUIS/PUMA BLUE/EVERYTHING BUT THE GIRL/ALFRED BEACH SANDAL,STUTS

SALAMI ROSE JOE LOUIS『ZLATY SAUCE NEPHEW』2017年 DTM(サイケっぽい)+J Dilla+JANE BIRKIN=SALAMI ROSE JOE LOUIS、みたいな。 被虐的な雰囲気で日本のクリエーター達からも熱い支持の声が挙がっている。 それはそうと次のPUMA BLUEにしろ今さらながら…

LESLEY DUNCAN 「I Can See Where I'm Going」「Heaven Knows」

LESLEY DUNCANは1960年~70年代に活動していたイギリスのシンガーソングライター。 先日、彼女のCBS時代の1stと2ndアルバムを買い足して彼女が生涯に残した主要5作品が揃った。全てのアルバムプロデュースはLESLEYの最初の夫であるJIMMY HOROWITZと…

オリジナル・ラブ 「GOODIE GIRL feat.PUNPEE」「HAPPY BIRTHDAY SONG」

オリジナル・ラブのニューアルバムが発売される。実に4年ぶりだそうで今回は改めてオリジナル・ラブについて語ってみようと思う。というのも個人的に今現在かなりの激アツなのだ。理由は先月に観た2本のLIVE。一つは12月2日、味園ユニバース『田島貴男ひと…

BASEMENT JAXX/GARDEN CITY MOVEMENT/JACK WHITE/FEIST/HELEN ERIKSEN

今回はオフィシャルMVのお正月特番と称してどれもこれも見所満載のオススメMV5本立。 BASEMENT JAXX『CRAZY ITCH RADIO』2006年 今年来日が決定したBASEMENT JAXX。このMVは何だか凄い。観始めたら絶対最後まで観てしまうMVだ。ラストで戦車から出てきた軍…

LAETITIA SADIER/BRANDON COLEMAN/JOHN MAYER/FRIENDLY FIRES/サノトモミ

2019年内にLIVEが観られるんじゃないかと期待しているアーティスト5組をピックアップしてみる。 ・STEREOLAB 2019年6月、バルセロナで開催される音楽フェスにSTEREOLABの出演が決定したようだ。STEREOLABとしての活動は10年ぶりで中心メンバーのTIM GANE…

2018年、年末...

J.R. BAILEY『JUST ME'N YOU』1974年 Love, Love, Love, a song by J.R. Bailey on Spotify 今年一年、ありがとうございました。 アクセスいただいた方々に感謝の意を込めてARETHAの曲を。 ARETHA FRANKLIN『THE QUEEN OF SOUL』2018年 Aretha Franklin - Re…

The Best Of SLOW JAM ②

先週末から頭の中はソウルミュージック一色、まるでクリスマスイルミネーションのようだ。 今回は以前アップしたお題目のパート2(CDシリーズを真似ている)。すべての曲に共通するのはSOUL POWER ( `ー´)ノ KEM『Intimacy』2010年 Kem - You're On My Mind …

折坂悠太『平成』

折坂悠太。 平成元年生まれのシンガーソングライター。 平成最後の年に発表されたフルアルバム『平成』。 折坂悠太『平成』2018年 “平成”という言葉は自身の出自に関わることとして以前から意識していたのだという。自分はこの中の「さびしさ」という曲に魅…

PAUL McCARTNEY/Ed Sheeran/Roosevelt/赤い靴

10月31日から来日公演が予定されているPAUL McCARTNEY。 自分は2013年、OUT THEREツアーの時に観たけどまさに伝説を観ている思いがした。今回は大阪公演がなくて厳しそうだけど。 PAULのトリビュート盤、 『LiSTEN TO WHAT THE MAN SAiD』2001年 このCDを聴…

松任谷由実「悲しいほどお天気」を読み解く

ユーミンの過去の作品、全アルバムがサブスク解禁となった。 お陰で最近ユーミンばかり聴いてるという人が結構いるのではないか。自分もその一人。今回はとにかく神懸かっている歌詞の読解を試みてみようという趣向である。 ユーミンのことを書くにあたって…

spotifyによる「プレイリストの曲に基づいておすすめ」されてみた。

spotifyによる“おすすめ曲”だけでプレイリストを作ってみるという試みを始めたのはお盆休み中からだ。 おすすめ曲を最初から一分ぐらい聴いていいと思う曲をリストに追加してゆき、そのリストに対しておすすめを更新してゆく。あらかじめ2つのリストを用意…

young disciples/the james taylor quartet/GALLIANO/4hero

free soulシリーズの一環としてアシッドジャズを扱ったコンピ盤『Acid Jazz meets Free Soul』。 『Acid Jazz meets Free Soul』1998年 この中の解説で橋本徹氏が〔~アシッドジャズと呼ばれたムーブメントはクラブシーンのモードとしては時代遅れ、というよ…

MOONCHILD 「Party」「Cure」

左から、ANDRIS MATTSON、AMBER NAVRAN、MAX BRYK moonchildはどうしてもLIVEが観たかったバンドの一つ。過去2回の来日では平日の東京公演のみで行けてなかったが今年は関西圏からも日帰り出来る名古屋公演があり、3年越しの願いが叶った。 ブルーノートは…

Stuff/OSCAR PETERSON/Suchmos

Rhodesピアノはエレピとしては最もポピュラーな楽器の一つであろう。 1940年代にHarold Rhodesによって開発され、1960年~1974年までFender社によって【Fender Rhodes】の名で生産、販売された。1975年からはRhodesブランドが独立、以後は【Rhodes】ピアノと…

The Best Of SLOW JAM

木曜から休暇を取り、昨日まで久々の上京。LIVEを観てレコード屋の餌箱を漁って回るという有意義な時間を過ごした。今回仕入れた音源の中からR&B、ブラックミュージック的なるものをいくつか選んで貼りたいと思う。それにしても、愛は退廃的...。 『MO GROOV…

the oto factory「スカイスクレイパー」「ハーバータウン」

オトファクを知ったきっかけはDORIANが手掛けた「スカイスクレイパー」のRemixからだった。 『COCKTAIL PARTY』2015年 the oto factory - Skyscraper スカイスクレイパー (dorian Remix) さっそく『COCKTAIL PARTY』を買って愛聴していたところ2、3日後く…

Kei.G 「Right Here」「Shine!」「Planetarium」

もう随分前から韓国映画のファンだった。 と、いっても観るのはクライムサスペンスのみ。 「殺人の追憶」「母なる証明」「オールドボーイ」「アジョシ」「哭声コクソン」... ちょっと名前を挙げるだけでもモノ凄い内容の作品がゴロゴロ。 しかし音楽の分野は…

カーペンターズのオリジナルアルバム『MADE IN AMERICA』とアップル「iTunes LP」サービスの停止について

カーペンターズ9枚目のオリジナルアルバム『MADE IN AMERICA』は1960~70年代に活躍した彼らにとって80年代に入り最初に発表したアルバムであり、カレン・カーペンターが存命中にリリースされた最後のオリジナルアルバムである。 CARPENTERS『MADE IN AMER…

キセル/THE ALAN PARSONS PROJECT/CROWD LU/Enjoy Music Club

当ブログは音楽のブログなので貼り付けている動画は曲の好みが優先されるためオフィシャルMVがあっても別の曲を選曲していることがある。だがしかし、自分でやっていて言うのも何だが少し静止画が多すぎやしないか。ここの基本は“静止画”という動画である。…

BEBU SILVETTI/saint etienne/THE MICETEETH

BEBU SILVETTI『spring rain』1976年 元ネタまる分かり系の楽曲ってそのミュージシャンの力量が試される。原曲に匹敵するかあるいは上回るぐらい素晴らしい曲に仕上げる人もいればダサダサになってしまっていることも。もっともダサダサの曲って一般的にはあ…

Lamp『彼女の時計』

5月15日、Lampの新作『彼女の時計』が一般発売される。 『彼女の時計』2018年 収録曲の中から先行して新MVが公開されている。この「Fantasy」は新曲として一昨年のLIVEでも演奏されていた曲。当時MCで永井さんが仮タイトルって言っていたがそのままになっ…

ASTRUD GILBERTO/MILTON NASCIMENTO/PAUL DESMOND

“CTI+RVG”というリイシューシリーズが発売されている。“CTI”とはCREED TAYLOR ISSUEのことでA&MレーベルにてCREED TAYLORがプロデュースした作品には“CTI”というマークがアルバムジャケットのどこかに必ず入っている。長年CTI作品にエンジニアとして参加し…

JANE/THE MAN UPSTAIRS/PREFAB SPROUT/LOUIS PHILIPPE

1980年代にイギリスで発祥したネオアコブームは世界規模のムーブメントとなり、その影響は日本でも広がり始める。Janeの「Its a fine day」は当時CMソングに起用された。 Jane『Its a Fine Day』1983年 Jane - Its A Fine Day - (Official Video, 1983) 2010…

LEROY HUTSON/GIL SCOTT-HERON

1990年代、アシッドジャズブームの時流に乗ってレアグルーブものの発掘が盛んに行われていた頃に紹介されていたLEROY HUTSONとGIL SCOTT HERON。 LEROY HUTSON『Anthology1972-1984』2017年 LEROY HUTSONはリマスター音源によるベスト盤が発売され、何と5月…