a week away

ミュージックレビュー

CAROLE KING「UP ON THE ROOF」「GO AWAY LITTLE GIRL」「SNOW QUEEN」

まず最初に以前のブログでLAURA NYROのモノラル音源についての内容に誤りがあった。LAURAの1stと2ndにはリリース当時からモノラルバージョンが存在していたということらしい。これはブログの内容そのものが成り立たなくなる間違いであるため今後の記述には正確を期したいと思う。

さて、2月9日はCAROLE KINGの76歳の誕生日だった。二十世紀最高のソングライター、メロディーメーカーとしてPAUL McCARTNEYと並び称されてもいいと思うのがCAROLE KING。万人受けする卓越したメロディーセンスはやはりいいものはいいと素直に認めよう。今回はCAROLEのキャリア初期の頃の曲を選んでみた。

f:id:casabetess:20180211143938j:plain

LAURA NYRO『CHRISTMAS AND THE BEADS OF SWEAT』1970年

CAROLE KINGで一番好きな曲はLAURA NYROがカバーした「UP ON THE ROOF」。JAMES TAYLORも歌っているがやはり我が敬愛するLAURAのバージョンが一番いい。同時期に活躍したシンガーソングライターとしてライバルのように語られる二人だがLAURAにとってCAROLEは5才年上でかつ売れっ子ライターだった訳であり、ライバルというより憧れの存在だったはず。LAURAにしては少し控えめに歌っているところにCAROLEとはどのような存在だったのかが見えてくる気がする。


Laura Nyro - Up On The Roof (1971)

f:id:casabetess:20180211150739j:plain

『THE BEST OF DONNY OSMOND』2002年

白人版JACKSON5と呼ばれたTHE OSMONDSのDONNYがソロで歌ったのが「GO AWAY LITTLE GIRL」。この後声変わりしてしまうDONNYの一瞬のきらめきが収められている。


Go Away Little Girl - Donny Osmond (Audio)

f:id:casabetess:20180211155912j:plain

THE CITY『NOW THAT EVERYTHING'S BEEN SAID』1968年

ROGER NICHOLSやBLOOD SWEAT&TEARSがカバーした「SNOW QUEEN」。これはCAROLE自身のバンドTHE CITYのバージョンで。


The City - Snow Queen

CAROLEのTwitterでupされている写真。

f:id:casabetess:20180211161243j:plain

1971年『TAPESTRY』のレコーディングにJONI MITCHELLが参加した時の一枚らしい。何気ないツーショットに感動してしまった。