many weeks away

ミュージックレビュー

Burnier&Cartier/GALDSTON&THOM/PAGES/THE BEACH BOYS

f:id:casabetess:20180217235130j:plain

Burnier&Cartier『Burnier&Cartier』1974年

今月発売された『Burnier&Cartier』はブラジル音楽というよりソフトロック~AORポルトガル語版って感じ。【幻の名盤】という宣伝文句の通りなかなか良い復刻である。


BURNIER & CARTIER - Lejos De Mi

f:id:casabetess:20180218001316j:plain

GALDSTON&THOM『AMERICAN GYPSIES』1977年

後にFAR CRYというユニット名で名盤を発表するGALDSTON&THOM。

歌詞の通り“yeah sounds so nice”。


Galdston & Thom - Savannah Sunny Sunday

f:id:casabetess:20180218002759j:plain

 PAGES『PAGES』1978年

AORといえばかなり好きなのがこのPAGESの1st。2015年にRICHARD PAGEはRINGO STARR BANDの一員として来日している。


Pages - This Is For The Girl

f:id:casabetess:20180218004008j:plain

THE BEACH BOYS『SURF’S UP』1971年

しいてカテゴリーを決めるとしたらソフトロック~AORになるであろう曲「DISNEY GIRLS」。

この曲を知ったのは高校生の時。こんな儚気なポップソングを初めて聴いて衝撃を受けた。

チョー有名曲でも貼る。


Beach Boys - Disney Girls