a week away

ミュージックレビュー

東北新幹線『THRU TRAFFIC』

f:id:casabetess:20171230232449j:plain

『THRU TRAFFIC』1982年

自分にとって2017年最高のリイシューといえば東北新幹線『THRU TRAFFIC』。

不勉強ながら鳴海寛という人をこのアルバムで初めて知った。山下達郎『JOY』は持っているけど「蒼茫」のギタリストまでは把握していなかった。思えば、これだけの作品ならいくらでも知る機会はあったはず。たぶんユニット名で素通りしていたのだと思う。このテの名前にいい作品はないと勝手に決めつけていたのだ。自分が四の五の言うより共作者である山川恵津子氏のコメントを引用してみる。

〔~すべてに関して大らかで、制作費なんて考えず、やりたいことをやった作品でした。だから、すごくあったかくて、懐の深い音が聴ける。もし今から同じモノを作ろうと思っても、絶対にできません。~ライナーノーツより〕

作者自らがこのような心境に至る作品にどれだけ出会えるだろうか。Jーシティポップ史に残る貴重な作品だと思う。


2017年6月28日発売 MELTING POT featuring 鳴海寛 『Live at Egg-man+』より